任意整理で借金問題を解決出来る任意整理ナビ.com

MENU

任意整理にもデメリットが存在する

任意整理を成功させるために

現状での返済が難しい場合に、借金の減額や利息のストップの交渉を行う任意整理は、自己破産よりも負担が小さいために多くの方に利用されている債務整理方法となります。弁護士や司法書士に依頼をすればスムーズに手続きも進み、任意整理の費用自己破産よりも少なく済む場合が多いため、金銭面でも安心が出来ます。

 

ただ、そんな任意整理も万能ではなく、欠点やデメリットも存在しています。債務整理全般に言えるデメリットも含め、任意整理を行うとどのような影響があるのか、デメリットに対する対処はどうするべきかについて詳しく見ていきます。

 

任意整理自体のデメリット

任意整理は債権者との交渉による借金の減額となります。つまり、言い方は悪いですがタチの悪い債権者がいる場合には、交渉に応じなかったり合意が得られなかったりすると、任意整理が失敗に終わる可能性もあります。

 

素人が個人で進めると陥りやすいケースであり、債権者も個人相手ならしつこく取り立ててきたり、任意整理の話を持ちかけても聞く耳を持たない場合が多いのです。

 

実績豊富な法律事務所への依頼で解決可能

個人相手では合意が得られなかった場合でも、借金問題に強い弁護士や司法書士に依頼をして任意整理を進める場合のおいては、失敗をするケースは稀です。基本として正規の業者から借りているなら任意整理が失敗することはほぼなく、借金の減額の幅には差は出ますが、法律事務所への依頼で解決が可能となります。

 

任意整理では月々の返済が軽くならない場合も

自己破産とは異なり、任意整理は今後も継続して支払いを続けていき、残った借金を払いきる債務整理方法となります。借金の残高も過去の払いすぎた利息である過払い金があれば、引き直し計算で借金の減額が期待でき、今後にかかる将来的な利息もゼロとなるので負担は減ります。

 

ただ、払いきるまでにかけられる期間は大体が3年、どんなに長くても5年が限度となります。それ以上の期間をかけて払うとする任意整理には、さすがに債権者も応じないところがほとんどですので、目安としては3年での完済を目指すようになるのです。

 

3年で完済が出来るように支払い計画を立て直すため、場合によっては現状の月々の返済金額からほとんど変わらないケースもあります。月々5万円の返済で厳しいからと任意整理の依頼をしたのに、結果が4万5千円の返済となってしまう可能性もあるのです。

 

任意整理に強い法律事務所で解決

上記のようなケースは、借金問題に対する実績が無い事務所や、そもそもの任意整理に必要とされる交渉力に欠けている場合に起こります。債権者側もいくら任意整理がされるとは言っても、出来るなら1円でも多くを返してほしいと粘ってきますが、法律事務所側は相談者が可能な限り有利になる条件での話し合いを進めます。

 

当然ながら両者の言い分はそれぞれぶつかり合いますので、面倒だからと債権者の条件ばかりを飲んでしまうようだと返済金額がほとんど減りません。「利息が発生しない分だけマシ」と言わんばかりの条件を付き付けてくる債権者に対し、しっかりと交渉が出来る法律事務所を選ばないと任意整理の意味がありません。

 

正規業者に対する借金問題は大体の法律事務所で取り扱ってくれるのですが、任意整理で交渉力が強いところ、有利な条件で進めてくれるところとなるとそう多くはありません。実際に依頼をしている方が多く、実績が豊富で任意整理に対して強い法律事務所に依頼をすることで、十分に解決が可能となります。

 

継続して支払っていかなければならない

任意整理は着手後から、法律事務所への積み立ての支払いが始まります。実際に債権者に支払いをするのは着手後に取引履歴を開示し、引き直し計算をし、債権者と交渉をして借金の減額を行い、月々の支払い金額を決めてからとなります。しかし、それより前に予め積み立て金として支払いが始まるのです。

 

積み立てたお金は、今後に支払いが遅れたときのためのものであったり、または残債務が少なくなってきた場合に前倒しで支払いに使われる場合もあります。どちらにしても債権者に支払うお金としての扱いは変わりませんが、積み立ての開始から実際の支払い、払い終えるまでは継続しての支払いが必要となります。

 

積み立て金があるうちはどうしても支払いが出来ない月は何とかなりますが、積み立て金が無くなってしまった状態で法律事務所への支払いが滞ってしまうと、弁護士が手を引いてしまいます。せっかく進めていた任意整理も無駄となり、着手金などの弁護士費用も戻ってきません

 

その後の支払いは自分で債権者との交渉を進めるか、もしくは他の法律事務所に相談に行くことになりますが、以前に他所で依頼をしていた方については取り扱わない事務所も多いため、支払いに関しては十分に注意をして下さい。

 

無理のない返済計画で解決可能

継続しての支払いが必要となる任意整理においては、とにかく計画が重要となります。法律事務所に相談に行く際にも、決して妥協は示さないようにしましょう。月々いくらまでなら払えるのかとの問いに対しては、急な出費があっても問題なく払える金額とすべきなのです。

 

切り詰めればギリギリで毎月5万円は払えるとして5万円の支払いで任意整理となってしまうと、仮に何らかの出費があった際には支払い金額が足りなくなります。それに、ギリギリで切り詰めて支払いをするなら、任意整理の恩恵もあまり得られないでしょう。

 

弁護士事務所にもよるのですが、債権者との交渉を面倒臭がるばっかりに、相談者に多めの支払い金額を求める場合があります。月々の返済金が多ければ債権者との交渉も楽なので、法律事務所としては「楽な仕事」が出来るのです。

 

実績が豊富な法律事務所なら問題ありませんが、仮にこの場合であれば月々3万円までなら支払えると伝えておき、可能な限り3万円での任意整理の支払い計画で進めてもらいましょう。3万円で合意が出来たとしたら、差額の2万円は自由に使うのではなく、余ったなら翌月の支払い時に上乗せして入金をしておくのです。

 

多くの金額を支払っておけば積み立て金をしてプールがされますので、今後に支払いが出来ない月が出てきてしまったとしても、積み立てておけばその月に関しては支払いをしなくても大丈夫となる場合があります。

 

任意整理はデメリットを知って賢く使う

債務整理全般に関するデメリットではなく、あくまで任意整理に限定したデメリットをまとめてみましたが、どれも解決策や対処法があります。何も知らずに任意整理をしてしまって後から「困った」となっても遅いので、相談前、着手前にしっかりと知っておくようにしましょう。

 

また、その他のデメリットや問題点につきましては、実際に依頼をする法律事務所への無料相談や着手時に確認をしておいてください。十分に納得をした上での任意整理とすることが、最も良い任意整理による借金の解決に繋がります。

 

債務整理の相談先はこちら