任意整理で借金問題を解決出来る任意整理ナビ.com

MENU

過払い金返還請求は自力で?弁護士?司法書士?

消費者金融のキャッシングなどを利用していると、本来は支払う必要のない利息を支払っている可能性に出くわすかもしれません。ヤミ金でなくても、ごく普通の大手消費者金融であっても、支払う必要のない利息を支払っている可能性があるというのです。そうやって支払いすぎた利息のことを過払い金といいます。

 

過払い金は支払う必要のない利息ですので、利用者が返してくれと言えば返してもらうことは可能です。この手続きのことを「過払い金返還請求」といいます。この過払い金返還請求ですが、法律の専門家に依頼をすることも出来ますが、自分で過払い金返還請求を起こすことも可能です。

 

自分で過払い金返還請求を行うメリット

自分で過払い金返還請求を行うメリット、それは法律の専門家に支払う報酬が必要ないということでしょうか。過払い金返還請求に無事に成功した場合、法律の専門家に依頼をすれば、戻ってきた過払い金の20%程度を成功報酬として持っていかれてしまいます。それが惜しいと感じる方は、自分で手続きをしたほうが賢明です。

 

自分で過払い金返還請求を行うデメリット

しかし、自分で過払い金返還請求を行うとのは、メリット以上にデメリットのほうが大きいものです。

 

まず挙げられるデメリットは、貸金業者になめられてしまう点でしょう。過払い金返還請求を行うためには、取引履歴を確認しなければなりません。自分で取引履歴を持っていればいいのですが、持っていない人がほとんどでしょうから、その場合には貸金業者に請求しなければなりません。

 

その際、相手が素人だと分かると、貸金業者の態度が急変する場合があります。取引履歴の開示請求をしてもなかなか請求に応じる様子がなかったり、仮に開示に応じたとしても一部しか開示していなかったりと、素人に対しては誠実な対応をしてくれる業者は多いとは言えません。

 

もうひとつのデメリットと言えば、自分の時間が取られてしまうことでしょう。過払い金返還請求において、業者との話し合いで無事に過払い金が返ってくればしめたものです。前述したように、貸金業者は素人に対してなめてかかってきますので、事前交渉で返ってくればまだマシな方です。

 

貸金業者が過払い金の返還に応じなければ、最悪で訴訟となってしまいます。訴訟と言っても、最高裁判所や高等裁判所で行うわけではなく、舞台は簡易裁判所です。裁判が行われるのは平日であり、もし仕事を抱えていれば会社を休まなければなりません。無断で欠席すれば、相手側の勝訴ともなりかねません。

 

司法書士に過払い金返還請求をお願いするメリット

やはり、素人が貸金業者を相手に過払い金返還請求をするのは少し無理がありますので、多少の過払い金の減額は覚悟で、プロの法律家にお願いをするのがいいでしょう。

 

そんな法律の専門家ですが、過払い金返還請求に登場する専門家といえば、弁護士もしくは司法書士となります。しかし、どちらも似たように思えてしまい、どちらに頼んだ方が良いのか決めかねてしまいます。

 

それはケースバイケースと言えますが、まずは司法書士に過払い金返還請求をお願いするメリットから見てみます。

 

司法書士の場合には、報酬が安い場合が多いです。一般的に、弁護士よりも司法書士の方が支払う報酬の金額が安いと言われています。前述したように、戻ってきた過払い金の20%が報酬となりますが、弁護士の場合は平均なのに対して、司法書士の場合は相場の上限となります。

 

次に、迅速である点です。弁護士事務所によっては、過払い金返還請求以外にも、離婚訴訟や相続問題、あるいは刑事裁判など数多くの案件を抱えている場合があります。過払い金返還請求は必ずしも優先度の高い案件ではないので、あまりスピード感を持ってやってはくれません。

 

司法書士であれば、最近は過払い請求を専門に行っている事務所もあるほどで、スピード感を持ってやってくれます。ただ、近年の過払い金返還請求の増加にあわせて、弁護士事務所も借金問題を専門として扱うところが増えているため、借金問題に特化している弁護士であれば対応は非常に早いです。

 

弁護士に過払い金返還請求をお願いするメリット

では、弁護士に過払い金返還請求をお願いするメリットとは何なのでしょうか。それは、裁判になったときに大きな違いが出てきます。

 

司法書士であっても裁判所で代理人をすることは出来ますが、それはあくまでも少額訴訟に限定されます。少額訴訟とは140万円以下の金額の訴訟のことであり、140万円以上の過払い金があるときには、弁護士しか訴訟を提起することが出来ません。

 

140万円以下の訴訟を行ったとしても、簡易裁判所での結果に納得がいかなければ、上級裁判所に提訴をすることとなります。簡易裁判所の上は地方裁判所となるのですが、司法書士が代理人となれるのは簡易裁判所のみです。それ以上の上級裁判所となりますと、弁護士しか法廷に立つことは許されません。

 

弁護士と司法書士での違い

 

どちらか選べと言われれば弁護士

弁護士と司法書士、一概にどちらが良いということではなく、ケースに応じてそれぞれにメリットがあります。どちらにしても過払い金の返還請求にしても債務整理にしても、借金問題はプロの法律家に頼んだ方がスムーズなのは、言うまでもありません。

 

ただ、業者の対応もそれぞれであり、中には厄介なところも出てくるものですので、今後のやり取りを考えるのであれば弁護士事務所に相談、依頼をする方が何かと良い結果に繋がるケースが多いのも事実です。

 

過払い金請求の相談先はこちら
街角相談所-法律-
街角相談所-法律-の特徴

街角相談所-法律-は、債務整理の相談先や借金の解決が無料で匿名でシミュレーションできる便利なサービスです。利用料金はもちろん無料であり、債務整理の依頼をするかは相談をした後に決めれば良いので、思っていた内容と違った場合には、無料相談だけで終えても構いません。

相談料金 何度でも無料
対応時間 24時間受付
対応地域 日本全国
街角相談所-法律-の総評

実際に依頼をする段階までであれば匿名でフリーメールで進められますので、個人情報を明かすのを躊躇う方も、街角相談所-法律-であれば気軽に相談ができます。